ブログ|太田労務総合事務所

労務士
行政書士
ブログ

コミュニュケーションレポート

スライド1

一般社団法人日本アドバイザリー協会

JBG専門家倶楽部のご紹介

 

太田労務総合事務所の顧問先様、関係先様へ、

2021年12月よりJBG専門家倶楽部のロゴマークをリンクしました。
お客様のご希望があった場合に、
企業様とJBG専門家倶楽部の先生方と太田労務総合事務所とが、
経営課題を一緒に解決するために新しくコーナーをもうけました。

ぜひご活用ください。

 

お問い合わせは、下記までお願い致します。

〒441-8011愛知県豊橋市菰口町2-40-3

行政書士、社会保険労務士、国際法務コンサルタンツ事務局 太田美代子

http://www.ohta-roumu.com

kokusai@ohta-jpn.co.jp または contact@ohta-roumu.com

tel 0532-34-3252  fax 0532-34-3253 太田携帯 090-4191-5559

【ブログコーナーでプロジェクトの進捗をご紹介しています】

投稿をお待ちしています

 

 

 

DUY THUY MART (ベトナム&アジア食材専門店)オープン

IMG_1973.jpg

DUY THUY MARTのお店の中はこんな風です。

二川駅の東へ徒歩5分のところにあります。ベトナム食材がいっぱいありますよ。

image0_3.jpeg

アヒルの卵もありますよ

image0.jpeg

お店の外観は大きな看板「DUY THUY MART」が目印です。

DUYさんとTHUYさんの若い夫婦の夢が実現しました。

みなさん応援してくださいね。

 

新しい商品

  1.  新しい商品:

    「市場価値測定と社員力報告書」

    を紹介します。

    ;

    組織と個人を活性化するには、まずは「個人別の市場価値(市場価値測定テスト)」を行いご自身の市場価値を知ってもらうこと。1人3500円

    そのあとに、「社員力報告書」にまとめ組織人材コンサルテングを行う。

    事前に見積もり提示します。;

     

    2、太田労務総合事務所おすすめ無料セミナーのおしらせ;

     

    ①    2月17日(木)午前11時~12時Webセミナー;

    MA成約事例から学ぶ、会社を譲るためのポイント、

    オンライン

    一般社団法人日本ビジネスアドバイザリー協会

    講師(株)リクルート事業開発室,M&Aコンサルタント、清水健吾氏

     

    ②    3月8日(火)14:30分~17時Web中継;

    VUCA時代を乗り切る!建替えDX戦略セミナー/2022年日本経営×大 和ハウス工業;

     

    第1部 病院建て替え成功のための事業計画策定のポイント

    講師 株式会社日本経営 課長 井上俊孝;

    第2部 地域に根差した病院の建て替え事例

    講師 大和ハウス株式会社東京本社建築事業本部 営業統括部

    医療介護推進室シルバーエイジ研究所、次長 泊口明久

    第3部 DXは単なるデジタル化ではない!組織変革のための病院DX

    講師 株式会社日本経営 副部長 太田昇蔵

     

    ➂ 3月21日(祝)、22日(火)Webセミナー

     日経健康セミナー、

     病院経営に新たな未来を!

     

    1 大和ハウス工業が手掛けたまちづくり

    2 2022年度診療報酬改定のポイントと展望

    3 持続可能な病院へのチャレンジ

    4 地域に根ざした病院の建て替え事例

    5 地域に根ざした病院の小計マネジメント

    6 コロナ新時代の病院経営

     

     ISO9001品質、ISO14000 環境、内部監査員資格セミナー;

     

    主催NPO法人SDC検証審査協会

    研修,終了時試験受講し、内部監査員の資格が取れます。各20,000円

    3月9日、ISO9001品質9:00~17:00

    4月12日、ISO14000環境9:00~17:00

     

    すべて直接申し込んでください。

    希望する場合、詳細お問い合わせは太田労務総合事務所まで。

     

    ; 〒441-8011愛知県豊橋市菰口町2-40-3; 行政書士、社会保険労務士、国際法務コンサルタンツ、国際法務コンサルタンツ事務局; 太田美代子; http://www.ohta-roumu.comhttp://www.ohta-jpn.jpcontact@ohta-roumu.comkokusai@ohta-jpn.co.jp; 090-4191-5559

広がれ福祉の輪、手足の不自由な子供を育てる運動 放送日時連絡書

image0_8.jpeg

広がれ福祉の輪、手足の不自由な子供を育てる運動

太田労務総合事務所がテレビ愛知8月23日から24日で

応援企業の1つとして放映されました。

新しいPマーク,3年目の更新完了。

image0_6.jpeg

太田労務総合事務所のプライバシーマークの3年目の登録更新が完了しました。

トヨタ関連企業が900社登録されているという中部産業連盟の現地審査のあと、

JIPDEC日本情報経済社会推進協会が認証しています。(撮影 太田美代子)

アヒルの成長と鶏の成長に驚きです!

IMG_1372.jpg

image1_3.jpeg

愛知県田原市の農家さんでは、2021年8月のアヒルと鶏の成長がすごいです

2021年10月にひなで当農場にやってきましたが、すくすく育って、別べつの温室中で育っています。どんな飼料を食べているかしら?

ひろい温室の中で放し飼いなので元気いっぱいで、運動不足は全くありません。

撮影 太田美代子

ナマステキッチンが国道1号、小坂井信号角にオープン!

国道1号線で豊橋から名古屋に向かって15分くらい走ったところに、

小坂井信号角(愛知県豊川市宿町古十王131、TEL0533-78-5125)

にネパールレストラン ナマステ キッチンが8月3日オープンしました。

家族5人でやっています。

事業主はネパール サララ(日本人の配偶者等)、

娘さんマチャリア スンタ、息子さんサウラブ ポウデル、息子さんの彼女

コックさん全部で5人で始めました。

皆さん、来てくださいね!

 

image0_2.jpeg

image0_2.jpeg

image3_2.jpeg

image3_2.jpeg

image1_2.jpeg

image1_2.jpeg

image2_2.jpeg

image2_2.jpeg

story about TENGU and HANAMATURI FESTIVAL dance

 story about TENGU and HANAMATURI FESTIVAL dance

1

In old  time,  people  believed that TENGU would  have  strange

power and would  be mysterious  as  it  was  hard to foresee when and where he  appeared.  Thus,  they  wished  him  to  stay  away  from  their  world.

In  Toei  Village  area, there  is  a  traditional  festival  called “HANAMATURI”, and people believed that you should not dance nor play the  flute  at  the  festival  not  to  attract  him  and not to be taken away  by him.

 

田口の写真1

 

In  the  Village,  there  lived  a man  called  KOUSAKU.  He took care of others well and was said to be very reliable. He was also very fond of attending  HANAMATURI   and  dancing  there.

One day,  he  went  into a mountain near  Mt.MYOJIN  to pick up some tree branches  for  his  fireplace.  He  worked  hard, collected bunch of branches  full  of  his  whole  back  and  took  the  rest.

It  was  warm and  there  was  little  wind, so  he  began whistling and forgot  the  taboo.

Then  he  saw a trump of a tree and  began  hitting  it  with a tree  branch like a  drum.  He got excited and began dancing.

While  dancing, he  felt  somebody  was  behind.  He turned back and observed a good  looking  person  with  a  feather  fan in  his hand,  sitting  on  a tree  branch  high  on a  tree.

To  his  surprise,  he  saw  a  big  and  long  nose  in the middle of his red  face.

(to be continued)

田口の写真2

訳文 中村邦子、太田美代子

天狗と『花祭り」の舞を舞った話

天狗と『花祭り』の舞を舞った話

不思議な力をもち、行動がよくわからなくて、気味の悪い存在である天狗には、

人間の世界に近づかないでほしいと、昔の人たちは、考えていたようです。

ですから、山で『花祭り』舞を舞ったり、笛を吹いてはいけない、

もしそんなことをすると、天狗が出てきてさらわれる、という言い伝えがありました。

 

東栄町に、幸作さという人がいました。

若いころから、せわ好きでしっかり者でしたが、花祭りが大好きで

どこの花祭りにも出かけていっては、舞を舞うのが、何よりの楽しみでした。

ある日、幸作さは、明神山に近い山へたきぎをとりに行きました。

いっしょうけんめい働いて、たきぎの束が一背負(背中いっぱいで運ぶほどの荷)できる

ほどになったので、ひとやすみしました。

 

この日は、風もなく、暖かだったので、いい気持の幸作さは、あの言い伝えを忘れて、

口笛を吹き始めました。見ると、近くに木の切り株がありました。

切ったばかりの木切れを手にすると、切り株を太鼓代わりにたたいて、拍子をとりはじめました。

そうしているうちに、夢中になり、立ち上がると舞を舞い始めました。

 

ふと、何かの気配を感じました。ふりかえると、高い木の枝に立派な感じのひとが、

羽団扇を持って、すわっていました。

赤い顔の真ん中には、髙い鼻があります。(つづく)

 

即戦力の外国人特定技能

即戦力の外国人特定技能